児玉昌己研究室

内外の政治と日常について想うことのあれこれを綴ります。
庭の日本水仙が咲く それを詠む 海鳴庵児玉

 世相は巣籠り。 日ごろ日本を強調する安倍政権の、五輪さえ失いかねないコロナ対策や月例経済報告に見る弛緩した対応への不快感を超えた怒り  それでも庭には立派な日本水仙 それを詠む

 

 

 水仙や 白に黄(き)の色 誇りけり 背筋伸ばして 春を先取り

 

 巣ごもりの 世相や暗く なりぬれど 日本水仙 ここに咲きたり

                         海鳴庵児玉

 

参考歌 

2012.02.11 Saturday 早春賦 「角ぐむ」水仙を詠む

 水仙の 角ぐむ庭に 冬を削ぐ その息吹こそ 嬉しかりけり  

http://masami-kodama.jugem.jp/?eid=3073

 

| 児玉昌己 | - | 18:40 | comments(0) | - |
武漢ウイルス(COVID-19)、福岡に初感染者 北海道は5人目 ロンドン市長五輪開催に言及 

  福岡で感染者が出たという。経路も全く不明という。福岡は九州の首都。ヒトモノカネが集まる中心で九州の頭脳であり、心臓である。俄然、緊張感が強まる。

 武漢ウイルスの拡大と経済と五輪へのネガティブな影響について、ブログをした。

http://masami-kodama.jugem.jp/?eid=4581

 その翌日、新潟のFB友からのメッセージで、福岡で感染者確認との報を知った次第だ。

 中国の感染は7千4万人を超え、一向に収まらず、死者も2千、医療関係者の感染者は実に1700を超えた。

わが国では、テレビの医療コメンテイターの発言や政府の対策、経済見通しについての発言など、全く楽観的だ。希望的観測を語っているに過ぎない。すでに京都他観光地をはじめ、サービス、製造業、小売業と産業全分野への波及と苦境は連日報道されているが、全く無視しているようだ。

 次の月例経済報告ではなんと表現するのだろうか。

 東京五輪の中止を視野に入れて、ロンドン市長がイギリスでやれるとツィートしているほどだ。

 クルーズ船の日本人高齢者が2名感染し死亡した。これで3人目だ。楽しかるべき旅が、死処への旅路となった。

 クルーズ船については、船内の模様は、ロシアのテレビ局がロシア人乗客が写した映像を配信し、世界に公開されていた。

 日本の国民だけが情報隔離されていたかのようだ。朝日が紹介したブルームバーグ通信によれば「日本が急速にコロナウイルスの温床に」というものだ。

 ネット時代、あらゆる映像が、我々の知らないところで拡散している。

 船内に入った神戸大の准教授の悲惨な船内状況の紹介については、わずか2時間の滞在でという非難するものがいるという。プロならそれだけ見れば、すべてわかる。全く的を得ない批判だ。

 すでに感染の危険が指摘されている中で、検疫官自身や国や自治体の係官が発症するなど、いかに安易な対応だったかの証拠である。この分野の常識からすれば、考えられえないことだ。

 もし同氏への言論にたいする政治権力の介入があるとすれば、共産主義中国のレベルで、言語道断だ。

 こんな体堕落では安倍政権も先が見えている。いや五輪開催を危機にさらした政権となる可能性もある。

 今、速報として、道内5人目の新型コロナ感染者を確認 北海道 が入ってきた。また韓国でも感染者104名、死者1名が出たとのこと。

 参考記事

 新型肺炎感染力、想定以上の「再生産数」 分析相次ぐ WHO推定より大きく 2020/2/20 11:27日本経済新聞 電子版

 クルーズ船の感染者から日本人2人死亡、国内で計3人に−厚労省 ブルームバーグ 2020220

新型肺炎 韓国で初の死者=感染者は計104人に 聯合 2/20

新型肺炎懸念も「穏やかな回復」維持 月例経済報告産経 2/20

 参考ブログ

2020.01.28 Tuesday 「人類」という政治概念を強烈に意識させる武漢発新型ウイルスの爆発的な広がり

http://masami-kodama.jugem.jp/?eid=4575

 

 

 

| 児玉昌己 | - | 20:06 | comments(0) | - |
 広がる武漢ウイルス汚染 憂色濃い日本経済と東京五輪

 先月28日付で武漢ウイルスについて、AFPの記事を掲げて、ブログした。

AFP=時事は、29日朝、中国当局の発表としてSARS感染者数を超えたと以下伝えた。

新型ウイルス、中国の感染者5974人 死者132人に SARS感染者超える AFP=時事1/29(水) 8:44配信

 それから3週間もせずに、感染者死者はともにそろって10倍を超えた。

 2月14日には以下の記事。

中国の死者1380人に 感染6万人超、湖北省が訂正 新型肺炎2/14

 あっという間に、強く危惧した通りの展開となり、死者も感染者も桁違いとなった。

 ことは中国にとどまらない。

 わが国にも飛び火し、17日現在厚労省サイトで、クルーズ船関係者454人を含め、わが国の感染者は520名となっている。

 感染者にはなんと検疫官や国、自治体職員も含まれている。如何に安易にクルーズ船に対処したかの証である。 

 また80代女性の死亡も報じられた。

 安倍政権は、米国を含む内外からその対処の甘さを超えた、ずさんさが指摘されている。

 安倍首相の国家行政の私物化が国会で問題となったのは昨年のことだが、加えて、中国初のウイルスへの対処の失敗。

 わが身の不徳が招いたものとはいえ、まさに泣き面に蜂だ。ただし、傲慢と化した安倍政権の将来のことなど、庶民にはどうでもいいことだ。

 今後の日本経済と社会へのネガティブな波及が重要だ。なによりも指摘できるのは、新型ウイルス汚染の国内と世界的な広がりにしぼっていえば、武漢市関係当局と、習近平共産党政権に最大の責任があるということだ。

 細菌の出どころが武漢にある細菌研究所からだったという説まで流されているが、この細菌の危険性を最初に問題視した医師も死亡し、習近平をネットで公然と批判した人権活動家や学者は逮捕されて、インターネットでは、軍の医療関係者の決死の治療の美談が報道統制の中で積極的に取り上げられているという。

 だが、過酷な作業を軍の医療関係者に押し付けているだけだということだ。

 現在の中国という政治体制の本質的性格を露呈している。

 ウイルス発生と拡散への無策という世界的な国辱事件に加えて、批判を許さない反民主主義体質が暴露されている。

 わが国はオリンピックを7月に控えているが、現状では、外国人の来訪もままならないばかりか、今後の事態の推移以降では、日本に対する渡航制限措置さえ出かねない状況である。

 特権身分、赤い貴族が支配する封建的中国という、世界の政治と経済にとっての強大化したこの「疫病神」と末期の安倍政権を抱えて、わが国でも深刻化する細菌汚染の広がりと、静かにしかし確実に進んでいる経済的打撃に憂色を深くする日々である。

 問題がやっかいな理由は、感染者の中に発症しないために自由に行動し、第3者に感染が広がる可能性があることだ。すでにそれは国内で見られる現象だ。それがために、国民の不安が広がるばかりで、終息局面がまるで見えないということである。

 なによりワクチンが早くできないものかということだ。中国からの報道があるが、安全性の確認など、後回しであり、ほとんど信頼性に欠ける。

 情報を隠蔽し操作する国の発表を誰が額面通りに受け取るかということだ。

 ともあれ、信頼に足るワクチンが早期に実現すること、それにより感染の広がりが食い止められること、発症された感染者の治癒、そして早期の事態の終息を心より祈念している。

 これに失敗すれば、確実に東京五輪への直接的災禍となる。

 なお、私の専門とする欧州政治との関連でいえば、最近、危機意識をもって使われだしたWestlessness、すなわち「西洋の存在感の喪失」どころか、益々欧州がはぐくんできた価値である、法の支配、民主主義がこの中国のレベルの低さで再評価されねばならないということだ。

 14億の民が、貴族化した共産党という支配層の価値によって支配され、不都合な真実が隠蔽され、それを暴くまっとうな言論が弾圧されるなどということが世界に及ぶなどあってはならないのである。

追記

 専門家の常識から著しく乖離した惨憺たる状況がクルーズ船内に入った国立大の感染症専門家により暴露された。

新型肺炎、船内の対策を神戸大教授が批判「悲惨な状態」朝日2/19

 参考ブログ

 2020.01.28 Tuesday 「人類」という政治概念を強烈に意識させる武漢発新型ウイルスの爆発的な広がり

人類」という政治概念を強烈に意識させる武漢発新型ウイルスの爆発的な広がり

http://masami-kodama.jugem.jp/?eid=4575

参考記事

感染者に医師の息子 和歌山で10代、東京で20代の2人確認 「4都県で計8人」発表 毎日2/18

| 児玉昌己 | - | 23:53 | comments(0) | - |
今ハマっているもの ポケトーク

 今ハマっているのはポケトーク。最近到着した。

英語はもとより、フランス語、ドイツ語などこれがあれば、相当の実力となる。

 語学といえば、文法で苦しめられるのが通例だ。大学ではドイツ語やフランス語など他の言語が入ってくる。英語がいかに易しいかは独仏などの動詞の活用や冠詞などを学べば、皆そう納得する。

 それで苦しむ前に、膨大な例文で時制、名詞の性別、動詞の活用や冠詞、前置詞などがほとんど意識せずに耳と目から入ってくる。数十回繰り返せば、脳が覚えてくれる。

 21世紀の世界で最近はあまり驚嘆することがないのだが、これはその精度の高さと応答速度の速さで、驚嘆もの。

 ちなみに用例として「コロナウイルスの広がりで、中国の経済成長率は下方修正を余儀なくされる」とした。小気味よく翻訳し、上質に発声してくれる。

 翻訳だけならパソコンのグーグル翻訳が長足の進歩を遂げている。だが、こちらは音声読み上げの質という付加価値がある。

 さらに、写真翻訳機能までついた。これは画像認識と翻訳変換、音声出力と複雑な機能を一挙にこなす優れもの。これによって、新世界が開けるといってよいほどだ。

 もとより、これがあれば、語学学習が要らないなどとは全く言えない。ましに使用しようとすれば、基本的な学習は欠かせない。

 だが、これがあれば、語学学習の急速な上達は間違いない。すごい製品が登場したと思っている。

 ただし、重要な言語で音声が機能しないものがある。すべてに完璧を期してほしい。初期不良かもしれないが、販社に相談しようと思っている。

 

| 児玉昌己 | - | 14:32 | comments(0) | - |
 散りても色を残す紅梅 それを詠む 海鳴庵児玉

 庭では、もう紅梅は散り始めている。落ちたその花が「赤い絨毯」には届かないけれど、実に見事な年もある。

 

 果ててなお 色を残すや 梅の花 かくの如くに 生ければ嬉し 

                             海鳴庵児玉

 

 

海鳴庵歌集より

2013.10.06 Sunday

柿ありて みる人もなき 悲し果実( み)の 落ち砕けてや 哀れなるかな.

2011.09.25 Sunday

野を染める 季節(とき)の花なり 曼珠沙華 祈り祈られ 紅は燃え尽き

                

| 児玉昌己 | - | 12:09 | comments(0) | - |
20世紀のハリウッドの大スター、カーク・ダグラスの訃報に接する

 友人のスティーブン・デイ教授と電話で話す。

 彼によれば、カーク・ダグラス(Kirk Douglas)1916年12月9日生が死去とのこと。享年103。

 カークについていえば、スパルタカスが有名だが、幼少の頃、父に連れられて見た、巨大なイカとの戦いが強烈な印象として残っているあの海底2万マイル 0.000 Leagues Under the Sea1954)を思い出す。

 後にこれはディズニー制作の娯楽映画と知ったことだった。原作はフランスのSF作家の草分けジュール・ベルヌ。

 さらには第3帝国のパリ占領と解放を描いた「パリは燃えているか」 Is Paris Burning?(1966)も強く印象に残っている。

 ただし、今となっては、この父君のことより、息子のマイケル・ダグラスを知る人が大半だろう。

 恐縮の限りだが、カークの訃報に接して、まだ存命中だったのか、というのが正直な感想だった。

 なにせ、同じハリウッドの大スターとなった長男のマイケル自身が75歳なのだから。

 ちなみに長男のマイケル・ダグラスでは、高倉健、松田優作と共演した「ブラック・レイン」、「危険な情事」(Fatal Attraction)1987公開、「氷の微笑」(Basic Instinct)1992年、最近では、アントマン(Ant-Man and the Wasp)や、「最高の人生のつくり方」( And So It Goes)2014が思い浮かぶ。

 カーク・ダグラス。長じてこの父に非常に似てきて、さらに父に負けるとも劣らない銀幕のスターとなった長男マイケルを得て、大長寿を全うした。

 20世紀のハリウッドスターとして鮮烈な印象を与えたこの映画人。本人もその長い映画人生に満足なことだったことだろう。

   ここに改めて、ご冥福を祈りたい。

 

| 児玉昌己 | - | 01:43 | comments(0) | - |
買い替えた給油ポンプの性能に驚く

  ようやく冬らしい冬が到来。6日早朝は久留米はマイナス1度との予報。とはいえ、断然温かい冬ではある。

 最近、電池式の石油ポンプを買い替えた。居間を広くしているので、エアコンとファンヒータを併用している。

 古いのがおぼつかなく、ダイソーの宣伝文句にひかれた。2年保証という。自動停止装置付きが800円、それなしが500円。停止しないと大ごとでそれは躊躇うこともなかった。

 今ダイソーも100均ではない。当然といえばいえる。良品であれば、100円でなくてもいいのだ。

 帰って電池を装着するとき驚いた。それまで単1、2本だったのが、単3、2本だけ。

 しかもモーターの性能がよく、3分の1の時間で給油が終わった。室外で作業するので、時間短縮は有難いこと。

 ともあれいい買い物であった。

 

2020年1月のブログアクセス総数は以下

2020年 01月 合計:7249

 

| 児玉昌己 | - | 00:30 | comments(0) | - |
イギリスのEU離脱なる 今夜のメニューはスコッチエッグそして飲み物はスコッチ

 今日は、2つの歴史的な重要ニューズ。

 1つはコロナ肺炎の感染の急速な拡大を受けたWHOによる国際的な公衆衛生上の緊急事態宣言の発動、2つ目はイギリスのEU離脱。

 武漢ウイルスについてはすでに書いたし、今日は、EU専門家としては後者のことを書こう。

 EUについていえば、イギリスの北海石油政策の分析で研究者となり、1973年からイギリスがEU加盟国となったこともあり、自動的にEU研究者となった。石油天然ガス法も、EU法の適用下で、単独でのイギリス研究など不可能になったからである。

 1960年代、後に首相となるエドワード・ヒースがEU(当時EEC)加盟を指導し、成就させた。

 大学3年時の1973年のことである。爾来、イギリスは、EU加盟国として半世紀近くを過ごした。

 EUの連邦主義的統合に反対したのは、鉄の女、マギーことマーガレット・サッチャーであった。ちなみに反EUのリーダーとなる女史だが、初めて閣僚として抜擢したのは、皮肉にも親EU派のヒース首相であった。

 マギーの弟子を自認するのがデイビッド・キャメロン。彼が現在のEU離脱をもたらす2016年の国民投票を主導した。そして僅差での離脱の意思表示がしめされた。以来、4年が過ぎた。

 国民投票ではキャメロンでは事の重要性に恐れをなしたか、それまでの反EU的主張を一転させ、EU残留をマッチポンプ的に主張した。だが、これが裏目に出て政治不信を招き、EU離脱の国民の意志が僅差ながら示され、続投を言っていた言を翻して、即時降板。

 後継のテリーザ・メイ首相が登場し、さらに彼女も降板するなど紆余曲折を経て、2020年の今日の日を迎えた。

 イギリスというEU4大国の一角は、今日の日をもって、正式離脱する。

 より正確に言えば、英国のEU離脱協定が129日に欧州議会(本会議)で承認され、翌さらに30日にEU理事会で承認され21日欧州中央時間、午前0時(英国時間131日午後11時)にEUを離脱し、同時に移行期間に入ることになっている。

 もっとも、実際には、欧州委員会のウルズラ・フォンデアライエン委員長と欧州理事会のシャルル・ミシェル常任議長(EU大統領)が、ジョンソン英首相の書名に先立ち、ブリュッセルで24日の夜明け前に開かれた非公開の式典で協定案への署名を済ませている。(AFP)

 私事に戻り言えば、イギリスがEU加盟して、ほどなく研究者となり、爾来45年余、イギリスとEUの関係で研究生活を送ってきた。EUと欧州議会については、私のライフワークでもある。

 その欧州議会だが、令和2年2020年1月29日、同議会は予定通り、EU離脱協定案を賛成621、反対49、棄権13で正式に承認した。

 EU専門サイトでは、欧州議会の本会議場では期せずに「オールド・ ラング・サイン(「蛍の光」の原曲)」が広がる動画を流した。 

 個人的に面識があり、欧州議会研究の専門書も著している親EU派のリチャード・コルベット議員(イギリス労働党出身)が、万感の思いを込めでであろう、英国国旗とEU旗をあしらったスカーフを議場で広げているのをアップしていた。

 私は、大学院時代に恩師、故金丸輝男先生(日本EU学会理事長)の下で、EUとイギリスを専門として留学を挟んで、10年余の時を過ごし、その後、大学で教壇に立ち、専任教員としての持ち時間も残り2年余りになった。

 その私だが、我が家の夕食は奇しくもスコッチ・エッグ。そしてスコッチ。

 イングランド反EU政治の扇動家に強い違和感を覚えつつ、久留米の地でこの日を迎えている。

 ただし、EU研究者としては、これでようやくイギリスの政治状況に時間を割かずに研究ができるという安ど感もある。

 実際、マクロンは下院でのブレグジットについての迷走する動きについては、EU政治の諸問題決定もままならず、迷惑千万として、「EUはイギリスの政治的危機の人質ではない」と語っていた程ったのだから。

 それにわが国においては、イギリスからのEU報道に極端に影響され、英離脱に追随する国家が出て、EUは解体するとかいった誤ったEU記事が出たり、あげくは「統合の終焉」などという全く的外れの書が出たりという体堕落の状況であった。

 イギリス離脱は、残りのEU加盟国にEU離脱がどれほど経済政治への悪影響を及ぼすかがむしろ知られたといえる。

 イギリスに戻っていえば、今後スコットランドや、北アイルランドの分離独立に火が付き、リトルイングランドへの後退という国家の凋落にかかわる可能性が出てきた。ともあれ、英離脱で、グロテスクにイギリスのタブロイド紙に影響された報道が少なくなり、少しは独仏というEUの推進勢力の動向にシフトし、まともになるという期待もある。

 最後にEU離脱後は、2月1日から今年度末まで現状が暫定期間として維持されるが、EUとのFTA交渉については、厳しいやり取りが交わされていく。

 今イギリスのEU離脱派は喝さいの声を上げているが、現在のところ、EU加盟の状態が今年いっぱい続く。

 しかし、離脱後の対EU関係で最も重要な協定について、極端な場合、妥結できない「ノーディール」の状況に至れば、WTOレベルに関税が引き上げられることになる。

 多く欧州大陸からの輸入に依存するイギリス経済は、極めて厳しい局面に置かれる。

 今後の通商協定については、人口一つとっても、4億3千5百万のEUと、人口6500万のイギリスでは、圧倒的にEUに主導権がある。

 EUが域内市場優先の原則を維持することは必至で、この先、イギリスのボリス・ジョンソンにとって楽観的となる状況では凡そないことも付加しておこう。

 参考文献

 児玉昌己「英のEU離脱の衝撃 : 連邦的統合深化を拒絶した英国」(英文表題The Impact of Brexit upon the United Kingdom and the EU : Annulling an UnhappyMarriage with a Federal Europe)『海外事情』拓殖大学海外事情研究所 2016年9月。

Journal of world affairs 64(9), 106-119, 2016-09

参考記事 

英首相、離脱協定案に署名 「歴史の新たな章の到来」AFP2020年1月25日

参考ブログ

2016.02.28 Sunday 英のEU離脱 個人的には賛成である(最大の皮肉を込めて)

2016.06.11 Saturday マッチポンプのキャメロン、反EUの火をつけて回り、挙句、消火できずに国家が大火災 EU離脱の可能性が高まる英国民投票

http://masami-kodama.jugem.jp/?eid=4050

2020.01.22 Wednesday EU離脱を決めた2019年末の英総選挙と楽観できない今後のイギリス

https://ci.nii.ac.jp/naid/40020955362

 

| 児玉昌己 | - | 21:05 | comments(0) | - |
「人類」という政治概念を強烈に意識させる武漢発新型ウイルスの爆発的な広がり

 大学では法学部で国際政治を専攻して以来、50年。大学を出た後も、大学院でそれを専門にし、現在それで禄を食んでいる。

 長年専攻してきたこの国際政治(学)では、依然として主権国家が政治の中心的アクターという事実があり、それは支配的である。

 確かに、相互依存が進む中で、国際政治の中で、主権をもつ国家は、その役割を部分的に縮減させてきた。

 とはいえ未だに国家は、圧倒的な存在である。したがって、その中では国家の民、国民という概念が大きな意味を持ち、他方、「人類」という用語は、なかなか実体をもつものとしては意識されない。

 今般、「武漢肺炎」とも表記され始めた新型コロナウイルスの感染被害が世界的に急激に広がりを見せ始めている。

 わが国でも武漢からのツアー客を東京大阪間で輸送した運転手が感染したことが報じられて、俄然、切迫した事案となった。

 わが国は武漢滞在の700名といわれる邦人救助の特別機を出し、往きは無人が故、大量のマスク、防護服などが積み込まれ、現地に供与することが報じられた。中国では、賞賛のメッセージがアップされ始めているとのことだ。

 悲惨で、不幸で、深刻化する状況の下で、わずかに救われるニュースだ。

 武漢発の新型コロナウイルスの感染の爆発的広がりの深刻な危険性は、まさに「人類」という概念の必要性と現実性を我々に示している。

 宇宙船地球号は、今のこところホモサピエンスが生きうる唯一の場所である。まして、これほどにヒトとモノの自由な往来が進んだ21世紀である。

 インターネットの有用性が叫ばれているが、現実の武漢の病棟では、インターネットは深刻さを外部に伝えることができる大きな意味を持っているとしても、埋め尽くされた病院で、医療スタッフも感染に斃れるという阿鼻叫喚の状況にたいしては、直接的、即自的にはいささかの役割も果たせえない。

 政治権力の影響は大きい。確かに、武漢では1300万の都市が遮断され、全市民が隔離状態におかれる一方で、1千床をもつ病院を解放軍が突貫で建設し、450名の軍関係の医療チームが派遣されたという。だが、焼け石に水ということだ。

 動くものは何でも食材にするという中国の一部地方の特異な食文化と衛生観念の驚くべき欠如に加え、共産党独裁の秘密主義的で上意下達の政治権力と政治環境が事の重大性を隠蔽し、結果として、世界を新型ウイルスの脅威にさらしている。

  そして「強大中国」という指導部の主観を、ものの見事に破たんさせ、中国の習近平政権と、武漢という都市の評価を決定的に沈めてしまった。

 政治権力というものの重要性については、国家を超えて、政治制度の如何を超えて、何処も同様である。 

 グレタさんら若い世代が、トランプなどの老いた政治権力者を向こうに回して、地球高温化やプラスチックごみでの深刻化する海洋汚染の阻止という喫緊というべき政治の政策を求めている。

 今般の武漢発新型コロナウイルスの事態は、もはや個別、中国、日本、欧州といった国家の地理的範囲を超えており、人類の生存が脅かされている問題であり、喫緊の解決さるべき問題ものとして全人類に提起されている。

 日本だけで中国から春節に数十万もの人々が押し寄せている。

 重症急性呼吸器症候群(SARS)とは違い、潜伏期にも伝染力があるとみられる武漢ウイルスの急激な広がりは、国家と国民という地理限定的な利益概念を超えた、万民に共通する、人類という概念を現実のものとして浮き上がらせ、人類を守る権力と政治の必要性を、我々に突き付けている。

 そう感じさせる極めて深刻な事案である。

追記

AFP=時事は、29日朝、中国当局の発表としてSARS感染者数を超えたと以下伝えた。

新型ウイルス、中国の感染者5974人 死者132人に SARS感染者超える AFP=時事1/29() 8:44配信

 

| 児玉昌己 | - | 23:42 | comments(0) | - |
庭の紅梅の開花それを詠む  海鳴庵児玉

暖冬でスキー場は泣いているというが、腰を痛めている私には、ありがたい。

 

如月の きたる前にも 紅梅(うめ)の花 ありがたきかな この冬優し 
                海鳴庵児玉
| 児玉昌己 | - | 18:05 | comments(0) | - |

このページの先頭へ