児玉昌己研究室

内外の政治と日常について想うことのあれこれを綴ります。
<< 坂の上の雲 始まる | main | 久留米大学比較文化研究所欧州部会における阪南大学辰巳学長によるEU外交政策の講演会 >>
平成21年師走の訪れ 海鳴庵

 11月の時ならぬ寒さは去って、また比較的過ごしやすい日々が戻っている。

早くも12月。平成も21年の区切りを終えようとしている。
 平成は大正の期間を抜いてすでに6年。粛々として、平成の世が進んでいる。ちなみに明治が何年まで続いたのか、大正が何年なのか、若い人にきくと、ほとんど知らないのに、驚かされ、すこしがっかりする。歴史ブームは一部の者だけのものかと。

私が子供時分は「明治100年」と朝礼で、校長先生他がよく口にしていた。それも今では140年。大学2年生以下は平成生まれで、ほどなく学部学生はすべて平成生まれとなる。そしてそのころには、明治150年ということになるのだろう。
 やはり明治という時代は、「坂の上の雲」のごとく、日本人にとっては特別な時代であり、時代の分水嶺であるのだろう。

将来のことは誰もわからないが、もうしばらく経つと、明治も完全に歴史化して、昭和何年と昭和を起点とした表現が広がるのかもしれない。それでも明治は特別な意味をもって語り継がれていくだろう。

 師走の時期、愛用の手提げが膨らむ。お金ではない。ならいいのだが。手帳が新旧2冊はいっているからだ。若い人は携帯だろうが、私はそうはならない。アナログ人間だ。
 平成21年が終わっているわけでもない。だが、次々と書き込まれていく日程はすべて来年の、しかも中盤以降のことだ。

 いつの間にか、行きつけのスーパーではクリスマスソングが流れ、サンタを描いたケーキの予約注文の広告も見受けられる。挨拶も、これからは、「よいお年を」となる。

 景気は厳しい状況が続いている。せいぜい温かいものでも食べて、今年の最後の月を乗り切りたいものだ。


  
 師走たり きたりて去りて 深まれり 愛すべき日々 平成の世ぞ

                   (海鳴庵/児玉) 




| 児玉昌己 | - | 08:31 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:31 | - | - |









http://masami-kodama.jugem.jp/trackback/2143
坂の上の雲 秋山
坂の上の雲(8)新装版商品価格:670円レビュー平均:4.76 時間が重なる『仁〜JIN』と『坂の上の雲』の観る順番 時間が重なる『仁〜JIN』と『坂の上の雲』の観る順番『仁〜JIN』と『坂の上の雲』と、両方を観られる方にお尋ねします。それぞれ、ドラマの雰囲気とか
| 今日の主な業界ニュース速報 | 2009/12/03 11:02 AM |

このページの先頭へ