児玉昌己研究室

内外の政治と日常について想うことのあれこれを綴ります。
<< 炎暑の東京 | main | 妖怪を感じなくなった鬼太郎先生(ゲゲゲの女房)と「民主」を感じない「魑魅魍魎」の民主の代表選 >>
 炎暑、葉月の終わりと百日紅
炎暑の8月も今日で終わる。しばし炎暑は続くとのことだ。
 百日紅が綺麗だ。元禄期の植物の本では、100日間、花をつけるとあるようで、そのことに名の由来をもつという。我が家のは、赤でなく、白だ。
高浜虚子には以下の句がある。炎天にも負けない艶やかな百日紅、その情景を少ない語に、見事に凝縮して、実にいい。

 炎天の 地上花あり 百日紅
                 高浜虚子 

 数日前、以下私は短歌で詠ませてもらった。

往く夏を 惜しみたまふや  百日紅 舞うかのごとき 白き花群れ
 
夏枯れの 熱の静寂(しずけさ)包みしも 清楚舞い落つ 
花百日紅
                    海鳴庵/児玉

                              


 


| 児玉昌己 | - | 18:05 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:05 | - | - |









http://masami-kodama.jugem.jp/trackback/2499
敗走記 (講談社文庫 み 36-12) |水木 しげる
敗走記 (講談社文庫 み 36-12)水木 しげる講談社 刊発売日 2010-0...
| どうなんでしょうか | 2010/09/01 4:20 PM |

このページの先頭へ