児玉昌己研究室

内外の政治と日常について想うことのあれこれを綴ります。
<<  夏入りも ほんまかいなと 蝉もなき 海鳴庵児玉 | main |  クロアチアEU加盟余滴2 EU会計検査院の人事を巡る欧州議会と理事会の対立 >>
 クロアチアEU加盟余滴1 欧州議会のクロアチアの議員定数と選挙
  71日に10年の時をかけて成就したクロアチアのEU加盟については、ブログでも書いた。

すでに過去の事実となり、メディアの関心は薄れてしまった。
 だが、我々専門家はそういうわけにはいかない。クロアチアEU加盟、その後、それが今日のテーマである。

 ある欧州の国家が、EUに加盟するということは、同時に、EUの7つの主要機関、すなわち欧州議会、欧州理事会、理事会、欧州委員会、欧州司法裁判所、欧州中央銀行、会計検査院などに自動的に人を出すことでもある。

 私が専門とする欧州議会でいえば、クロアチアは、人口比で近似するリトアニア、アイルランドと同数の12議席が与られている。

ほとんど報道されなかったが、同国のEU加盟に先立ち、414日、全国を単一とする選挙区で、名簿式比例で、その割り当て議席について、欧州議会選挙が同国で実施されていた。
 任期は来年5月の28か国一斉の欧州議会選挙までの期間であるが、加盟後ではなく、正式加盟に先立つこと、2か月も前に欧州議会の選挙が実施されていたのである。
 
 
実に、EUに加盟するとはそういうことである、という事例を提示している。
 ちなみに今年4月のその選挙では投票率はわずかに20%強と、国家形成後の国家レベルでの選挙としては史上最低を記録。選出された12名のうち、中道右派のクロアチア民主同盟CDU6、社民党SPD5議席を得て、それぞれ欧州議会内では院内会派で第1党と第2党の地位にある中道右派の欧州人民党と中道左派の欧州社会民主(S&D)に属している。

 クロアチアのEU加盟でかくして、欧州議会は766と肥大化した議会となっている。
 もっとも、来年欧州選挙では、EU条約の規定に従い、ドイツなどを含め、加盟国の議員定数の若干の削減による、再配分がなされ、751議席で争われる。

 条約上の要件でいえば、欧州議会の議員定数は、最大はドイツの96、最少は6議席。
 クロアチアでいえば、上記2か国とともに、1名の定数減で、定数11で争われることになる。


参考ブログ

2013.05.19 Sunday クロアチアのEU加盟と欧州議会選挙 欧州緑の党動向 上

http://masami-kodama.jugem.jp/?eid=3462

2013.07.02 Tuesday NHKEUは単なる自由貿易圏ではなく、世界最大の関税同盟圏だよ クロアチアのEU加盟に関して 上下

http://masami-kodama.jugem.jp/?eid=3486

| 児玉昌己 | - | 21:24 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:24 | - | - |
いい体験をなさいましたね。やはりそれとなく聞いてみたい気持ちですね。
 またお寄りください。
| 児玉昌己 | 2013/07/17 9:00 PM |
全くの偶然ですが、クロアチア加盟のその日、つまり7月1日にヨーロッパ議会を見学しました。本会議(だったのでしょうか、空席がやたら多かったようです)傍聴することもできました。シーステートコントロールが議題でした。
とあるセミナーの付属行事として、そのセミナーの受講者の中国人20数名、韓国人2名、インド人2名、フランス人その他の欧州人数名、日本人は私だけという組み合わせで、つまり、中国人が大多数を占める団体で見学しました。
マルタ出身だという担当者氏から、欧州議会の構成や機能を説明してもらったのですが、「直接選挙」、「民主主義」と言う言葉が頻繁に出てきたのが印象に残っています。
「直接選挙」や「民主主義」に縁のない国から来た人たちが、どのような感想を持ったのか聞いてみたかったのですが、思い留まりました。非政治的なセミナーの場に政治的な話題を持ち出すのは、まずいですから。
| YAMA | 2013/07/17 6:16 PM |









http://masami-kodama.jugem.jp/trackback/3494

このページの先頭へ