児玉昌己研究室

内外の政治と日常について想うことのあれこれを綴ります。
<< 原油暴落とロシアプーチンの苦境 イデオロギーでなく、モノと技術が政治を決する鮮烈的事例 | main | 拙文「2014年欧州議会選挙とspitzenkandidaten―EU政治への衝撃」刊行 >>
海鳴庵児玉昌己句歌集2014年後半

2014.12.31 Wednesday 大晦日 一転勢いを得たシクラメンを詠む


隣家からいただき、暮の食卓を飾るシクラメン。水を得て、今朝すっきりと立ち、再び、艶やかな花で飾ってくれている。

 

シクラメン 赤白緑 鮮やかに 暮の食卓 艶(いろ)は戻りて 



2014.12.20 Saturday 暮れる一瞬の空の色を詠む 

夜のとばりに包まれる直前、駅舎の上にオレンジから紫までの色が輝く それを詠む

 

冬の暮れ 寒の空には グラデーション 揺れる光の 橙白青紫 (とうはくせいし)

 


2014.12.16 Tuesday 師走の澄んだ夕暮れを詠む 

 師走入りして早半ば 九州でも寒気はきびしい。澄んだ夕暮れの冬の空気を詠む 


 夕暮れの 師走の空に 茜雲 青澄(せいとう)なる気 冬の清(すが)しき


2014.12.01 Monday  師走に至れり 戸外の風でそれを詠む 

 師走入りすると、俄然気温も下がり、冬入りを感じさせる。戸外は木枯らしの中、明日公示。巷は大義を欠いた総理の身勝手に付き合わされる気持ちが強い。


  木枯らしの 空に襟たて 風の中 師走やここに またも来たれり


2014.11.24 Monday 夜のウォーキング それを詠む 

ひんやりとした夜、いつもの散歩道の街灯の下、鋭角に見える景色でウォーキングが別世界となる。


 裏路地の 遠近法の ウォーキング 灯り誘(いざな)う 異次元世界


2014.11.20 Thursday 成長した娘からの写メイルの料理、その感慨を詠む 海鳴庵児玉

夕飯の 整えられし 写メイルに あの稚児(むすめご)の 時代(ころ)の懐かし   




2014.11.05 Wednesday 包む冷気に輝きを増すつわぶきを詠む



霜月の 月煌々と 地を照らし 黄色き石蕗(はな)は 寒に映えなん


 

2014.11.02 Sunday 静かな秋 客ありて栗を食す それを詠む 

 



栗の実の 美味なるものは 渋皮の 食す歓び 秋ぞ嬉しき




2014.10.24 Friday 色なき庭につわぶきの黄 それを詠む 


  

 つわぶきや 艶なき庭に 色を添え 深まる秋を 彩りてゆく


2014.10.08 Wednesday 皆既月食の天体ショー それを詠む


  天空に 月は濁りて そして割れ 科学ありとも 息のむ神秘


 

2014.10.08 Wednesday 祝ノーベル物理学賞 その歓びを詠む

物理学界における日本人世界的快挙。日本人として誇らしいこの一報は夕刻のテレビニュース番組の途中テロップで流れた。


 

ノーベルの 受賞のテロップ 誇らしや 深まる秋は 喜びの秋(とき)



2014.09.28 Sunday 久住沢水キャンプ場で星座と遊ぶ 

 土曜日午後、社会人の教え子Y君とともに大分は久住の沢水(そうみ)キャンプ場でテントを張り、星座と遊ぶ。

 


 久住の地 キャンプの灯(ともしび) 揺らめきて 暮れゆく空に 星も賑わい


 高原の テントの上は 満天の 星はほらそこ 手元に降りて



2014.09.27 Saturday 赤とんぼが戯れる我が家の庭 それを詠む

 

   客人は 今日は君かね 赤とんぼ


 


2014.09.16 Tuesday 赤穂の四十七士を祀る泉岳寺 それを詠む 

  赤穂の四十七士。その義挙を祀る泉岳寺。300年の時を超えて、語り継がれている。



泉岳寺 赤穂の魂魄 三百年 香と祈りで 絶えることなし



2014.09.14 Sunday 伊香保にて 夢二を詠む

   竹久夢二は、その繊細な美人画で知られるが、権力、そして画壇の権威を嫌った。鉄の町八幡で労働も経験している。庶民の視線を失わない反権威の人でもあった。



 大正の 憂いを秘めた 美人画に 伝わる悲しみ 夢二の孤高



2014.09.12 Friday 澄んだ秋の月を詠む 

 雨にたたられた夏だったが、9月に入りようやく九州は安定した天気。夜のウォーキングも心地よい。天空の月を詠む。


 

天空に 名月澄みて 煌々と 季節(とき)や何時しか 秋となりける                                   


  

2014.09.06 Saturday 月が煌々とする夜に 

久しぶり観る月が優しく実に心地よいプロムナードとなった。

 


雨あがり 久し観る月 嫋(たお)やかに 添いてや歩む 道ぞ穏やか 


                       


 

2014.08.31 Sunday 北斎展で神奈川沖浪裏をみ、それを詠む

 別用を兼ね、 ボストンから一時的な里帰りをしている北斎の展覧会に小倉に。あの神奈川沖浪裏は凱風快晴とともに展示されて圧巻だった。



 北斎の 語りを超えし 大浪に 時も心も はや呑まれなん


 


2014.08.28 Thursday 風立ちて 夏の終わりを詠む  

いつの間にか甲子園も終わった。連日の雨で広島では土砂崩れの惨事をもたらし、夏らしい夏もなく、8月はもう3日を残すのみ。朝の風は秋を告げている。

 風立ちて 入道早くも 失(う)せにけり 涼しき朝や 秋は来にけり


2014.08.18 Monday マルク一家到着 日蘭修好400年それを詠む

マルクこと欧州司法裁判所のファンデア・バウデが東大でのセミナーを終え、家族で久留米到着。 我が家の夏休みでもある。


日蘭の 出会いはすでに400年 その日の空も かくのごとしや


出島にて 旗めく色は 3色の もたらす舶来(はくらい)光燦然


                 


2014.08.15 Friday 雨の中の盆を詠む 

夏も終わりの始まり、お盆だというのに今年はまたまた異常な雨、月末からの2週間で、日照時間は普段の4分の1、降雨量は2.5倍。

 

  

 霊魂も 蝉も静まる 雨の盆 夏はいずこぞ 夏はなしかや

                     

 

 

2014.08.05 Tuesday 雨で気力を奪われる それを詠む 

 降り始めから1メートルと3か月分の降雨を記録している四国。当地はさほどではないが、連日の雨。蝉もなく暇もなく生を終えるのだろうか。心も萎える雨だ。

 

 

夏入りも 雨や心を 水浸し 気力も削ぎて 吐くや溜息

                                  

 

2014.07.24 Thursday 夏入りは蝉の音ともにあり 

 梅雨が明け、そして今年も夏が来た。蝉しぐれとともに。自然の繰り返し。それがうれしく有難い。その情感を詠む 

 

蝉しぐれ さては今年も 聴きたりて 知るや夏の香 嬉し蝉の音

 

 

2014.07.18 Friday 梅雨明けは夏休み入り そんな子供時代を詠む 

  連日の雨の後、青空が顔をのぞかせる。もう7月も下旬。秒読みの梅雨明け。それで夏休み。両親がともに健在だった小中時代、通知表をもらい、勇んで帰宅した。その情景を詠む

 

 

梅雨明けは 父母待つ顔の 通知表 往きし日の空 青きあの夏

                  

 


2014.07.13 Sunday 連日、深く垂れこめる梅雨の雲を詠む

台風は去ったが、南海からくる雲は深く垂れこめ、梅雨の雨は延々と続く。それを詠む

 

 

南海の 深く垂れ込む その雲の 去りてのみ来る 碧(あお)き

あの夏          

 

 海鳴庵児玉句歌集

2014.06.22 Sunday 海鳴庵児玉昌己句歌集2014年前半

http://masami-kodama.jugem.jp/?eid=3649

海鳴庵児玉昌己句歌集2013年前半 後半

http://masami-kodama.jugem.jp/?eid=3401

http://masami-kodama.jugem.jp/?eid=3511



| 児玉昌己 | - | 16:17 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:17 | - | - |
政治に短歌に深い内容で、楽しませてもらっています。
先日ご連絡くださったようで、またこちらから電話いたします。
| matuzuka | 2014/09/12 11:43 AM |









http://masami-kodama.jugem.jp/trackback/3723

このページの先頭へ