児玉昌己研究室

内外の政治と日常について想うことのあれこれを綴ります。
<< ホッとする卯の花の4月入り 東京出張と第55回小城春雨祭りのことなど | main | 新年度でにぎわうキャンパス >>
英のEU離脱Bexit をタイタニック沈没になぞらえた動画

 イギリスの友人が、体調を気遣って元気が出るよと、英のEU離脱Brexitを沈没していくタイタニックに置き換えた、実に最高に面白い動画を送ってくれた。 以下がそれだ。

https://www.youtube.com/watch?v=ECh_rZklkMA

 Brexitになどおそるるに足らないなどと言っていた多くのわが国の評論家。

 これこそ、私のイメージするEU離脱後のイギリス姿である。

 二枚舌の前ロンドン市長、敵前逃亡よろしくなれたであろう首相の地位に直結する与党総裁選を土壇場で降りたのが、現外務大臣のボリス・ジョンソン。最後は子供に化けて、救命ボートに乗る。

 EU離脱を煽ったファラージュ英独立党党首。彼は沈没回避にあわただしく動く上級指揮官の後方で、何をすることもなく、泡沫政党党首よろしく、ニヤケてウロウロ。唇が気持ちが悪い。

 そして沈没する船上で、他人事みたいに楽団員としてバイオリンを弾いているコービン労働党党首。

 そしてキャプテンとしてイギリスの将来を国民投票というギャンブルに賭けた前首相キャメロン。船長の彼は、最後は艦橋で、大波に飲み込まれる。

 もっとも、実際は彼はギャンブルの国民投票で負けも続投するという前言をいとも簡単に翻し、首相はもとより、政治家さえ降りて、80万ポンドともいわれる首相期の回顧録の執筆に入り、市民の苦境をよそに優雅な、早い晩年の生活に入っている。

 まあ、この動画、イギリスの政治指導者の顔と名、そしてBrexitでの役割が一致する人にはたまらない。

 EU離脱の国民投票で賛成に投じたイギリス人と、反EUとブレグジットを煽った無能な政治家に、このような危機感があればよいのだが。

 ともあれ、最高だ。

 しかし、52%の支持者の意思で、夜の荒波に飲み込まれていくのが48%、すなわちほぼ半数の国民である。それが私だったらと思うと、戦慄する。

 ロンドン大学での在外研究中の参院事務局の根岸さんが、この動画では48の人も沈没に巻き込まれるのですよねと言ってきた。

 国家の最重要な政治課題を、国民投票という形で、丸投げした首相キャメロンの無様さを改めて、怒りで思う。

 本当にとんでもないことだと思った次第だ。

 世界最古の再保険会社英ロイズの本部のブリュッセル移転についてはすでに書いた。フィナンシャル・タイムズは3年も前に在英の主要銀行の大脱出をExodusと書いたことも紹介した。それが始まっている。

 無能な政治家ほど、大口をたたき、国民を平気で苦境にさらし、最悪、数百万を死に追いやるのである。それが政治権力である。

参考ブログ

2017.03.31 Friday ついに329日イギリスEU離脱の意思を欧州理事会に通告 次はgreat repeal bill

http://masami-kodama.jugem.jp/?eid=4223

2016.05.31 Tuesday 「キャメロンの国民投票は英政治史上最も馬鹿げた政治運動である」David Cameron's EU referendum is the most absurd political campaign ever foughtNNelson The Mirror

http://masami-kodama.jugem.jp/?eid=4045

http://masami-kodama.jugem.jp/?eid=3984

2014.08.25 Monday金融部門のExodus(大量出国)の危険  FTが報じたキャメロンが進めるEU離脱の悪影響

http://masami-kodama.jugem.jp/?eid=3726

 

 

| 児玉昌己 | - | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:13 | - | - |









http://masami-kodama.jugem.jp/trackback/4225

このページの先頭へ