児玉昌己研究室

内外の政治と日常について想うことのあれこれを綴ります。
<< 猛暑の中、邦画、堺雅人主演、沖田修一監督「南極料理人」2009年を観る | main | EU終焉論の虚妄 欧州委員会米グーグルに制裁金5700億円 EU法の強制力の強烈さ >>
酷暑の久留米を脱す それを詠む  海鳴庵児玉

  どこもそうだが、厳しい暑さが続いている。 酷暑の久留米を脱し、海風のある別宅にしばし退避 もとよりすぐに戻るのだが

 

 久留米より しばし逃れて 長崎の 海風(かぜ)に包まれ 一服の涼夜

                           海鳴庵児玉

| 児玉昌己 | - | 12:25 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:25 | - | - |
講演会場での予期せぬ再会嬉しいことでした。今度大学にでもにおいでください。
| 児玉昌己 | 2018/07/29 10:03 AM |
先日はありがとうございました。久々の再会、とても嬉しかったです。
週末は予測不能の台風が心配ですが、何卒、ご自愛下さいませ。またお会いできます日を楽しみにしております。

東より 予測不能の 嵐来ぬ
被災地想ひ 我が身を守る
| 大川の今村です。 | 2018/07/29 12:14 AM |









http://masami-kodama.jugem.jp/trackback/4410

このページの先頭へ