児玉昌己研究室

内外の政治と日常について想うことのあれこれを綴ります。
<< ブレグジット現地調査で 離脱派の大デモ行進と時差、ブルージュ・グループのことなど | main |  EU27か国すべてを困惑、痛憤させる次の設問 イギリスは欧州議会選挙を実施するのか 「ゾンビ」的状況の英政治 >>
欧州議会選挙及びBrexit調査のダブリン、リーズ、ロンドン出張から戻る 仁川空港で新元号令和を知る

 欧州議会選挙とブレグジット調査のダブリン、リーズ、ロンドンの出張の全日程を終え、もどりました。

 ブレグジットの調査といえば、その成否如何で、そしてまたその時期の如何で、イギリスの議会選挙参加の有無も変わり、5月23日から26日に迫った欧州議会選挙の議員定数も751か705かと変わます

 そして選挙結果も変わってくるのです。

 イギリスが、離脱のためだけに、欧州議会選挙に参加すれば、当然投票率は下がり、EU全体の投票率の下落が予測されます。

 ともあれ、平成から令和へ。経由地の仁川空港でその報を聞いたことは、私の個人史の中に残ります。

 皆様はどのようにお聞きになりましたでしょうか。

 平成の世もあと1か月余。一党独裁や独裁擁護国家など周りにはおかしな国がたくさんある中でも、わが国は確かに問題は抱えつつも、まずまず戦後平和国家の国是を守りつつ過ごせました。

  天皇陛下におかれましては、ただただまことにお疲れされさまでした、という深い謝恩の気持ちで満たされているところです。

私は平成の洋学派です。  

ともあれもう4月ですね。

3月ブログヒット総数は以下 2019年 03月 合計:7500

| 児玉昌己 | - | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:51 | - | - |









http://masami-kodama.jugem.jp/trackback/4489

このページの先頭へ