児玉昌己研究室

内外の政治と日常について想うことのあれこれを綴ります。
<<  散りても色を残す紅梅 それを詠む 海鳴庵児玉 | main |  広がる武漢ウイルス汚染 憂色濃い日本経済と東京五輪 >>
今ハマっているもの ポケトーク

 今ハマっているのはポケトーク。最近到着した。

英語はもとより、フランス語、ドイツ語などこれがあれば、相当の実力となる。

 語学といえば、文法で苦しめられるのが通例だ。大学ではドイツ語やフランス語など他の言語が入ってくる。英語がいかに易しいかは独仏などの動詞の活用や冠詞などを学べば、皆そう納得する。

 それで苦しむ前に、膨大な例文で時制、名詞の性別、動詞の活用や冠詞、前置詞などがほとんど意識せずに耳と目から入ってくる。数十回繰り返せば、脳が覚えてくれる。

 21世紀の世界で最近はあまり驚嘆することがないのだが、これはその精度の高さと応答速度の速さで、驚嘆もの。

 ちなみに用例として「コロナウイルスの広がりで、中国の経済成長率は下方修正を余儀なくされる」とした。小気味よく翻訳し、上質に発声してくれる。

 翻訳だけならパソコンのグーグル翻訳が長足の進歩を遂げている。だが、こちらは音声読み上げの質という付加価値がある。

 さらに、写真翻訳機能までついた。これは画像認識と翻訳変換、音声出力と複雑な機能を一挙にこなす優れもの。これによって、新世界が開けるといってよいほどだ。

 もとより、これがあれば、語学学習が要らないなどとは全く言えない。ましに使用しようとすれば、基本的な学習は欠かせない。

 だが、これがあれば、語学学習の急速な上達は間違いない。すごい製品が登場したと思っている。

 ただし、重要な言語で音声が機能しないものがある。すべてに完璧を期してほしい。初期不良かもしれないが、販社に相談しようと思っている。

 

| 児玉昌己 | - | 14:32 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:32 | - | - |










このページの先頭へ