児玉昌己研究室

内外の政治と日常について想うことのあれこれを綴ります。
<< 今ハマっているもの ポケトーク | main | 武漢ウイルス(COVID-19)、福岡に初感染者 北海道は5人目 ロンドン市長五輪開催に言及  >>
 広がる武漢ウイルス汚染 憂色濃い日本経済と東京五輪

 先月28日付で武漢ウイルスについて、AFPの記事を掲げて、ブログした。

AFP=時事は、29日朝、中国当局の発表としてSARS感染者数を超えたと以下伝えた。

新型ウイルス、中国の感染者5974人 死者132人に SARS感染者超える AFP=時事1/29(水) 8:44配信

 それから3週間もせずに、感染者死者はともにそろって10倍を超えた。

 2月14日には以下の記事。

中国の死者1380人に 感染6万人超、湖北省が訂正 新型肺炎2/14

 あっという間に、強く危惧した通りの展開となり、死者も感染者も桁違いとなった。

 ことは中国にとどまらない。

 わが国にも飛び火し、17日現在厚労省サイトで、クルーズ船関係者454人を含め、わが国の感染者は520名となっている。

 感染者にはなんと検疫官や国、自治体職員も含まれている。如何に安易にクルーズ船に対処したかの証である。 

 また80代女性の死亡も報じられた。

 安倍政権は、米国を含む内外からその対処の甘さを超えた、ずさんさが指摘されている。

 安倍首相の国家行政の私物化が国会で問題となったのは昨年のことだが、加えて、中国初のウイルスへの対処の失敗。

 わが身の不徳が招いたものとはいえ、まさに泣き面に蜂だ。ただし、傲慢と化した安倍政権の将来のことなど、庶民にはどうでもいいことだ。

 今後の日本経済と社会へのネガティブな波及が重要だ。なによりも指摘できるのは、新型ウイルス汚染の国内と世界的な広がりにしぼっていえば、武漢市関係当局と、習近平共産党政権に最大の責任があるということだ。

 細菌の出どころが武漢にある細菌研究所からだったという説まで流されているが、この細菌の危険性を最初に問題視した医師も死亡し、習近平をネットで公然と批判した人権活動家や学者は逮捕されて、インターネットでは、軍の医療関係者の決死の治療の美談が報道統制の中で積極的に取り上げられているという。

 だが、過酷な作業を軍の医療関係者に押し付けているだけだということだ。

 現在の中国という政治体制の本質的性格を露呈している。

 ウイルス発生と拡散への無策という世界的な国辱事件に加えて、批判を許さない反民主主義体質が暴露されている。

 わが国はオリンピックを7月に控えているが、現状では、外国人の来訪もままならないばかりか、今後の事態の推移以降では、日本に対する渡航制限措置さえ出かねない状況である。

 特権身分、赤い貴族が支配する封建的中国という、世界の政治と経済にとっての強大化したこの「疫病神」と末期の安倍政権を抱えて、わが国でも深刻化する細菌汚染の広がりと、静かにしかし確実に進んでいる経済的打撃に憂色を深くする日々である。

 問題がやっかいな理由は、感染者の中に発症しないために自由に行動し、第3者に感染が広がる可能性があることだ。すでにそれは国内で見られる現象だ。それがために、国民の不安が広がるばかりで、終息局面がまるで見えないということである。

 なによりワクチンが早くできないものかということだ。中国からの報道があるが、安全性の確認など、後回しであり、ほとんど信頼性に欠ける。

 情報を隠蔽し操作する国の発表を誰が額面通りに受け取るかということだ。

 ともあれ、信頼に足るワクチンが早期に実現すること、それにより感染の広がりが食い止められること、発症された感染者の治癒、そして早期の事態の終息を心より祈念している。

 これに失敗すれば、確実に東京五輪への直接的災禍となる。

 なお、私の専門とする欧州政治との関連でいえば、最近、危機意識をもって使われだしたWestlessness、すなわち「西洋の存在感の喪失」どころか、益々欧州がはぐくんできた価値である、法の支配、民主主義がこの中国のレベルの低さで再評価されねばならないということだ。

 14億の民が、貴族化した共産党という支配層の価値によって支配され、不都合な真実が隠蔽され、それを暴くまっとうな言論が弾圧されるなどということが世界に及ぶなどあってはならないのである。

追記

 専門家の常識から著しく乖離した惨憺たる状況がクルーズ船内に入った国立大の感染症専門家により暴露された。

新型肺炎、船内の対策を神戸大教授が批判「悲惨な状態」朝日2/19

 参考ブログ

 2020.01.28 Tuesday 「人類」という政治概念を強烈に意識させる武漢発新型ウイルスの爆発的な広がり

人類」という政治概念を強烈に意識させる武漢発新型ウイルスの爆発的な広がり

http://masami-kodama.jugem.jp/?eid=4575

参考記事

感染者に医師の息子 和歌山で10代、東京で20代の2人確認 「4都県で計8人」発表 毎日2/18

| 児玉昌己 | - | 23:53 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:53 | - | - |










このページの先頭へ